いつきの電磁波過敏症生活

電磁波過敏症による電磁波測定&電磁波対策ブログ

温泉で溜まった電磁波を放電

      2017/07/17

642a0663dd2eddbbcc6d4df9f1f48347_m

ここからはあくまで私の個人的な仮説です。ご承知の上でご参考にしてください。

電磁波がカラダに溜まってしまって、だるいしんどい、そんな状況のときには温泉がオススメです。

自然豊かな環境に身を置いて、ミネラル成分が豊富な温泉の湯気にあたっているだけで放電していくように感じられます。

長い時間湯に浸かる必要はありません。湯あたりしたら大変ですから、少し湯に浸かり、湯から上がりカラダを冷ましながら湯気にあたる。

この繰り返しを2時間ほどできると、リフレッシュできることと思います。

オススメの温泉は日本三大名湯のひとつ、草津温泉。

また草津温泉からほど近い万座温泉。

土地のエネルギーがとても強く、温泉に入らずして体調に変化が現れることもしばしば。

また、草津温泉の白根山系による土地のエネルギーだけではなく、実際に湯畑にいってみると、贅沢なまでの圧倒的な豊富な湯量による”湯気”。

1ded35d081cf8921a378d41656921c15_m

草津温泉の成分に含まれる多くのミネラル成分が湯気になってあがっています。

この湯気にあたることがからだに帯びた電磁波を放出することになることと思います。

湯畑は人気のスポットなので、ずっとそこにいることが難しいので、温泉にはいりながら湯気をを浴びましょう。

今度の出張は、記憶に残るホテルで一泊【一休.com】



 - 電磁波対策