いつきの電磁波過敏症生活

電磁波過敏症による電磁波計測&電磁波対策ブログ

スマートフォン音声通話時の3Gと4G(LTE)の通信モード比較

      2018/11/03

携帯電話の高速通信が可能になり、わたしたちはますます便利な生活を享受できるようになりました。

通信分野の技術革新によって、たくさんの恩恵を受けています。

しかし、私は電磁波過敏症(自己申告)。大好きなパソコンやスマートフォンと上手に距離感を保たないとなりません。

偏頭痛が止まらない

henzutu

しかし、このところ偏頭痛がとまらず、こまっていたところ、スマートフォンで通話しながら、なにげなくトリフィールドメーターのスイッチをいれたとたん、ビックリたまげました。

通常、携帯電話のマイクロ波を測定するにはTM-195を使用しますが、携帯電話のマイクロ波をほとんど測定できないトリフィールドメーターの針はものすごく揺れうごき、電磁波が強く出力されているのを目の当たりにしました。

音声通話は3Gで

携帯電話を3台利用している私は、その通話を切り、別の携帯電話で通話をしたところ、ほとんどトリフィールドメーターの針がゆれません。

おなじ携帯電話なのになぜ???

違いをさぐったところ、それは、3Gと4Gの違いだと判断いたしました。

スマートフォンの モバイルデータ通信の音声通話モードを3Gに切り替えてから、音声通話 したところ、やはり、ほとんど針が揺れ動きませんでした。

音声通話に関しての使用感は3Gと4Gの差をそれほど感じられないので 音声通話は3Gのみ に設定してデータ通信は4Gの設定でスマートフォンを利用してみることにします。

最新式トリフィールドメーター

低周波電磁波計測の定番機トリフィールドメーターがデジタル式最新版となり「トリフィールドメーターTF2」として発売されました。
人体への影響を測定する加重モードが搭載されマイクロ波の計測精度も高く向上したとのことで、低周波と高周波(マイクロ波)どちらもこれ一台で計測できるようになった。
もちろんプロ電磁波過敏症のわたしも購入済み。
トリフィールドメーターTF2の特徴
  1. 音で電磁波の強度を知らせてくれる
  2. デジタル式でピーク値を計測できる
  3. マイクロ波の計測精度が向上している
  4. 人体への影響の加重計測モード
  5. 夜間でも光るバックライト
  6. などなど

3Gと4Gの通信速度

3G 4G(LTE)
通信速度 数Mbps~14Mbps 75Mbps~100Mbps
通信料金 4,500円~5,500円/月額 5,000円~6,000円/月額

3Gは使用環境にもよりますが、数Mbps~14Mbps、4G(LTE)は75Mbps~100Mbpsとされております。LINEやメール・インター ネットに使うには3Gでも十分な通信速度です。もしかしたらバッテリの持ちも3Gのほうがいいかもしれないし、テザリングなど4Gが特に必要なときだけ ONにするなど、3Gでスマートフォンを利用するのも悪くないかと。

 - 電磁波計測レポート