いつきの電磁波過敏症生活

電磁波過敏症による電磁波計測&電磁波対策ブログ

自動車の電磁波測定

      2018/11/03

まさかの車の電磁波。

電化製品でもないのに、測定したらなんと、すごい数値。

運転席のシートでの計測、アイドリングでも針は太い赤線(レッドゾーン)すれすれを行ったり来たり。

アクセルを踏んで加速すると、ますますメーターの針は振り切れんばかり。

トリフィールドメーターが故障してしまわぬように、あわててスイッチをひとつ左へ回す。

電磁波過敏症なわたしは特異体質の体感でなにげにわかってましたが、まさかここまでのハイスコアだとは思ってませんでした。

よくよく考えたら、ガソリンエンジンからダイナモによって電気を発電してるわけで、車内には電磁波が飛んでてもおかしくはなかったんですよね。

友人の車も測定しましたが、やはり結果はおなじ。かなりのハイスコアが続出。

しかし、また別の友人のボルボ車がすごかった。

メーターの数値がほとんど上がらず。電磁波対策済みという噂が本当だったのを目の当たりにした。

最新式トリフィールドメーター

低周波電磁波計測の定番機トリフィールドメーターがデジタル式最新版となり「トリフィールドメーターTF2」として発売されました。
人体への影響を測定する加重モードが搭載されマイクロ波の計測精度も高く向上したとのことで、低周波と高周波(マイクロ波)どちらもこれ一台で計測できるようになった。
もちろんプロ電磁波過敏症のわたしも購入済み。
トリフィールドメーターTF2の特徴
  1. 音で電磁波の強度を知らせてくれる
  2. デジタル式でピーク値を計測できる
  3. マイクロ波の計測精度が向上している
  4. 人体への影響の加重計測モード
  5. 夜間でも光るバックライト
  6. などなど

 - 電磁波計測レポート