いつきの電磁波過敏症生活

電磁波過敏症による電磁波計測&電磁波対策ブログ

WiFiでiPhoneアプリのアップデート時の電磁波計測[動画]

   

iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどタブレットのアップデート、みなさんはどのようにやってますか?

モバイル通信を利用して、iosやアプリのアップデートをすると契約しているギガ数(通信容量)をすぐにオーバーしてしまうので、

当然、Wi-Fiを利用していることと思います。

この契約ギガ数をオーバーするとペナルティでしょうか、かなりのゆっくりした通信速度になり、翌月までスマートフォンがつかいものにならなくなってしまいます。

アップデートには大容量のデータダウンロードが必要ですが、固定の回線が光回線でWi-Fiならハイスピードで通信できるのでサクサクとアップデートが完了しますね。

Wi-Fiでアプリの更新(アップデート)中の電磁波を計測

計測につかう機器はこちらのトリフィールドメーターTF2。音でお知らせしてくれる機能が追加されており、電磁波量がわかりやすくなりました。

デジタル式になった最新式トリフィールドメーター

高周波(マイクロ波)、いわゆる電波の電磁波計測を行うので今回はRFにスイッチを設定しての計測です。

撮影方法

  1. iPhoneのWi-FiスイッチをON
  2. アプリの更新が17つほどきていたので、「すべてをアップデート」をタップ
  3. そのiPhoneで動画を撮影

数値の見方

左上に表示されているピーク値(PEAK)が重要です。

単位は、mW/m2(ミリワットパー平方メートル)です。

動画ファイルサイズ

7.81MB/MP4/1分25秒

計測結果

アプリの更新データをダウンロード中は、Wi-Fi通信を行うので、数値が上がります。そのダウンロードしたデータをインストールしている間は、Wi-Fi通信を行わないので、数値が下がったままです。

更新するアプリが17個ほどきていたため、この繰り返しを17回ほど行っていました。

アップデート時の電磁波対策

電磁波の健康被害を気にしている方や、電磁波過敏症の方は、やはりこのWi-Fiでのアップデートは避けたいところだと思います。

そのためにもWi-Fiやモバイル通信でしか利用できないから仕方ないと諦めている方にはこちらがオススメです。

iPhoneやiPad、Androidスマートフォン、タブレットを有線LAN接続できるすぐれもの。

iPad/iPhoneの場合

Androidタブレットや各ゲーム機の場合

 

あとは、スマートフォン・タブレット端末側でWi-FiやBluetoothをOFFにして、かつWi-Fi親機(ルーター)の無線LAN機能をOFFにすれば無電磁波(無電波)利用ができるようになります。
※ Wi-Fi親機の無線機能をOFFにするには各ルーターのマニュアルを参照してください。

電磁波被ばくを減らすには、なにはともあれ有線化です。

このアイテムでWi-Fiをできる限り利用しない生活をめざし、携帯電話とは上手にお付き合いしていきたい、いつきです。

最新式トリフィールドメーター

低周波電磁波計測の定番機トリフィールドメーターがデジタル式最新版となり「トリフィールドメーターTF2」として発売されました。
人体への影響を測定する加重モードが搭載されマイクロ波の計測精度も高く向上したとのことで、低周波と高周波(マイクロ波)どちらもこれ一台で計測できるようになった。
もちろんプロ電磁波過敏症のわたしも購入済み。
トリフィールドメーターTF2の特徴
  1. 音で電磁波の強度を知らせてくれる
  2. デジタル式でピーク値を計測できる
  3. マイクロ波の計測精度が向上している
  4. 人体への影響の加重計測モード
  5. 夜間でも光るバックライト
  6. などなど

 - 電磁波対策, 電磁波計測レポート